心理メカニズムを使って一目惚れを錯覚させるテクニック!

人は男女関係なく一目惚れすると、相手の目をじっと見てしまいます。

一目惚れした時、相手の目を何秒くらい見つめると思いますか?

驚くべきことに人が一目惚れする瞬間、相手のことを5秒から7秒という長い間見つめています

つまり、

 

好きな相手に一目惚れさせたい時、5秒から7秒の間ずっと目を合わせればいいということになります。

 

人の脳は“あなたに一目惚れした”と錯覚を起こし、興味津々になります。

行動から感情が生まれたのか、感情から行動が生まれたのか判断できないのである。

要は、「見つめたから好きになったのか」もしくは「好きだから見つめたのか」が判断することはできないのです。

脳と心理メカニズムの繋がりを上手に活用すれば、好きな相手を自分に惚れさせることが可能ということです。

 

簡単に5秒から7秒目を合わせるテクニック

  1. 「あれ?ちょっとこっちきて!」と言って顔を近づかさせる
  2. 相手は「何??」とびっくりしてこっちを見ます。
  3. 「なんか今日、目の色違くない?」といって見つめる口実を作る
  4. 「え?ほんと??」と相手は驚く
  5. 「まじまじ!もうちょいちゃんと見せて」と言って7秒間見つめ合う
  6. 7秒後に「あ、違ったわ」と笑顔を見せる

 

この必殺手法は無理やり7秒間見つめるための方法です。

相手のことを心配するように、「あれ?今日、目腫れてない?」など気遣う素振りを見せる方法もあります。

この無理やり目を合わせる手法は、相手の目だけでなく自分の目をアピールすることでも引き起こすことが可能です。

「行動から感情が生まれたのか、感情から行動が生まれたのかを正確に判断できない」という人間の脳の特性を利用した恋愛テクニックでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です