真実の愛とは相手との違いを受け入れること

愛する相手が自分と同じように考えたり、感じたりすべきだと思っていませんか?

そういった間違った思い込みを捨てない限り、真実の愛にはたどり着けない。

しかし、一人ひとり違っていて当然だということを理解すれば道は開けてくる。

人それぞれの違いを受け入れることによって、相手を変えなければならないという固定観念から解放される。

相手を変えようという考えを頭から追い払って初めて相手の価値を受け入れることができる。

相手との違いを愛することによって、自分も自分のままでいられる。

人生を豊かなものにする大事な基本は、人と自分とは違うことを認めること。

そして、人は自分とは違うものに強く引きつけられるのである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です