なぜ女性は1つの話題から話を広げていくが、男性は早く要点を聞きたがるのか?

男性は、話をしている女性の前で時計に目をやるのがどれほどひんしゅくをかうことか、あまり分かっていない。

女性は自分に関心がないと思ってしまうが、実は男性は彼女が早く要点を言ってくれないかとイライラしているのだ。

一般的に、男性が喋る時は、まず自分の考えをじっくり考え、伝えたいことを頭の中で確かめ、それから初めて口を開く。

しかし、女性は別に何かを主張するために喋るわけではない。

逆に、話すことで自分の話の要点が見えてくるのだ。

自分の考えや気持ちを口に出して探ることで、自分の目指すところを見出すのである。

女性は、自分の胸の内を話し始めた時点では話がどこに向かうか必ずしも分かっていないが、自分の行きたいところにたどり着くはずだという確信はもっている。

女性にとって「話を聞いてもらうこと」が自己発見の有効なプロセスなのだ。

しかし、女性にとってはごく自然なこのプロセスなのだが、男性はここが分かっていないから苛立ちをつのらせる。

この違いが、女性は1つの話題から話を広げていくが、男性は早く要点を聞きたがるのである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です