お酒をやめて30日間で起きること9つ

百薬の長とも言われているお酒ですが、飲みすぎると体に良くないことは誰もが周知の事実です。
また、ダイエットにお酒をやめる価値はあるのは分かっています。どのくらい効果があるのでしょうか。

医学的には、お酒をやめて30日間で得られる健康へのメリットがいくつも確認されているのです。

 

1. 肝臓内の脂肪が15%減少

過度の飲酒は肝臓内に脂肪細胞を蓄積させるが、それもたったの1ヶ月で大幅に改善する。ある実験からは禁酒後1ヶ月で肝臓の脂肪が15%減少することが確認された。

 

2. 食事の量が減少

アルコールを摂取した人は、そうでない人よりも30%多く食べたという。

 

3. 仕事の効率が上昇

ある実験では、禁酒後1ヶ月の被験者は、仕事の効率が17%以上向上したという。

 

4. ぐっすり眠れる

飲酒すると脳内でアルファ波が増加するので、就寝前にお酒を飲むと眠れなくなるのだ。

 

5. 甘いものが欲しくなる

お酒をやめた人は、砂糖など、ドーパミンの分泌を促す代わりの楽しみを求めるようになる。甘いものからお酒と同じ快感を覚えたとしても慌てないこと。要注意!

 

6. 癌のリスクが低下

アルコールは、口内、肝臓、乳房、結腸、直腸における癌のリスクを上げる。

 

7. 体重が2%減

被験者10人が参加した実験では、禁酒後1ヶ月で平均2%体重が減少した。

 

8. 肌が健康に

アルコールは脱水症状を引き起こす。その影響は、わずか数日間お酒をやめただけで皮膚に違いが現れるほどだ。

 

9. 飲酒習慣が大きく変わる

1ヶ月間禁酒した857人を調査したところ、6ヶ月後も飲酒量が大幅に減少していた。

 

 

たった30日の禁酒でこんなにもメリットがあるならやらない理由はない。

でもなかなかやめられない。それが現実でしょうか・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です