人間はどのような人に「好意」を感じるのか?

人間は「距離が近い人」「似ている人」「外見が良い人」に好意を抱きやすい

 

「距離が近い人」

人間は、近くにいる人に好意を抱きやすいという傾向を持っています。

例えば、学校に入学したての頃、出席番号が近かったり、座る席が近い人と仲良くなりやすいということがわかりやすい例です。

このように、物理的に距離が近い人に対して好意を抱きやすくなるのは、挨拶をしたり話をするなどの相互作用が生じるためです。

物理的に離れた距離にいる人は相互作用を得にくいため関係が築き難くなります。遠距離恋愛がうまくいかないケースが多いこともこれが原因です。

しかし、人間は相互作用がなくても単純に目に入る回数が増えるだけで好意を抱きやすくなる習性も持っています。通勤電車でいつも同じ車両に乗る人に親しみを持ちやすい現象がその典型です。

このように、接触回数が増え、距離が近くなることにより相手への好意が増す効果を「単純接触効果」と言います。

 

「似ている人」

物理的に距離が近い人に好意を抱きやすいのに加え、自分の考え方と似ている人や、ライフスタイル、社会階層、教育水準が似ている人に好意を抱きやすい習性を持っています。

この傾向は、自分の意見が他者と一致し自分の意見は正しく妥当であると思いたがる習性と、社会的動物である人間の習性でもある「みんなと一緒が安心」という心理状態、そして単純に相手のことを理解しやすいという状況がベースになっています。

類似性はこういった3つの効果が働くため、人間関係を形成する時に非常に強く作用します。

同じ趣味を持っている人、同じ部活に入っている人と仲良くなったり、生活レベルや教育水準が同じ人、同じ高校、同じ大学を卒業した人に対して親近感を抱きやすいのも、類似性の効果からだと言われています。

 

「外見が良い人」

「人を外見で判断してはならない」という言葉はよく聞きますが、皮肉なことに私たち人間は、身体的・外見的な魅力の高い人に、好意を抱きやすい習性を持っています。

私たち人間には、身体的・外見的に魅力が高い人は、より高い知性・地位・幸福など、外見以外にも望ましい特徴があると考えてしまう「ハロー効果」が働きます。

昔から魅力的な外見は一種の「資産」としてみなされており、選挙や裁判などの結果にも影響するという研究結果も出ています。

 

【まとめ】

人が人に好意を感じる3大要素

①距離が近い

距離が近いと「相互作用」が生じやすく「単純接触の効果」が働くため

 

②類似性

似ている人に好意を抱きやすいのは「合意的妥当性」、「みんなと一緒」という安心感、「相手のことを理解しやすい」状況が発生するため

 

③外見が良い

外見が良い人に好意を抱きやすいのは「外見の美しさ=資産」という考え方と「ハロー効果」のため

 

 

私たち人間は、相手に「好意」を抱くことから関係性が始まります。

他者に好意を与えやすい要因をしっかり覚え、相手に好意を抱いてもらいやすい要素をうまく利用しながら人間関係を築いていきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です