自分で自分を幸せにする方法

「幸せ」は自分で作り出すもの

私たち人間は「幸せ」を人間関係の中で見出そうとする傾向が強いため、幸福感を感じられない理由を「自分ではどうすることもできないこと」と諦めてしまうことがあります。

集団からはじき出されたり、人から傷つくことを言われると、誰だって悲しい感情になりますし、「幸せ」を感じることはできません。

しかし、このような苦難にぶつかっても、小さな幸せを大切に、今ある幸せに感謝しながら自分の精神健康度を高めていく人もたくさんいます。

同じ状況でも「不幸」と感じるか「幸せ」と感じるかは、その人の考え方に大きく左右されるものなのです。

 

幸せを感じるためには「発想の転換」がカギ

私たちは、他者と自分を比較して自分を認識する習性を持っています。

そのため、他者の方が優れていたり、恵まれていないように見えると、劣等感が生じてきて自分の不幸を恨んだり、相手を妬ましく思ってしまうことがあります。でも、こんな時でも「幸せ」を感じる方法はあります。

それは、今ある自分おマイナスな考えをとりあえずストップさせ、違う視点から現状を見るという「発想の転換」を行うことです。

例えば、会社の入社試験に落ちて就職活動に苦しみを感じる場合は、これからたくさんの会社と出会えることに喜びを見出したり、また、ある集団から孤立したことに悲しみを感じる場合は、家族などの他の集団にある自分の居場所を思い浮かべたりします。

このように、ネガティブな思考をストップさせて、今ある自分の「幸せ」に意識を集中させることにより、ネガティブな思考に長期間とらわれることも少なくなります。

人間の「幸せ」感覚は、その人の考え方・捉え方によって大きく変わります。少しでも長い時間「幸せ」感覚を得て、人生を明るく楽しめる環境を自分で作っていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です