人間とはどのような生き物なのか?

人間は集団への所属欲求を持つ“社会的動物”である

集団の中で生きる社会的動物である「人間」は所属欲求を持っています。そのため、他者から疎外されることに強い恐怖心を感じ、周囲の視線に過剰に敏感になりやすい傾向を持っているのです。そのため、他者の視線が気になるのは人として正常な反応だと言えます。

人間は集団の中で助け合って生きる動物であり、個体でいるよりも集団で生活することにより、安全・利便性を高める「社会的促進」の知恵を持ちます。そのために、集団内に安心できる居場所を求め、集団内に所属したいという欲求を持つのです。

所属欲求が影響する人間の行動・思考傾向

他人の悪口を言う人。

自分を守るためにウソをつく人。

いじめを見て見ぬふりをする人。

これらの行動・思考傾向は「集団の中で自分を守る」ためのもの。周囲から“弱い” “卑怯”と認識される言動は、人間本来の所属欲求から生じている。

所属欲求があるからこそ、

過剰に人の目を気にする。

マイナス評価に敏感になる。

人の視線が怖くなる。

他人の悪口を言ったり、自分を守るためにウソをつくなど、一見卑怯に見える行動も人間の所属欲求が影響を与えています。

自分を守るための行動の一つだということを理解しておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です