コミュニケーション能力が育ちにくい現代社会

私たち人間は、社会を構築し、その中で支え合って生活する社会的動物です。

そのため、周囲の人との関わりが自分の幸福感や価値観に大きな影響を与えます。

最近の若者が「コミュニケーション能力がない」と指摘されることが増えてきましたが、この背景には、時代・環境的な要因から、他人との関係が築きにくく、そこで対人関係をどのように築ければ良いのか、学習する経験が得られにくいという問題があります。

他人がどう思っているのかが分からず、関係を築くことに恐怖心を感じる人が増える今、私たちはどのように他人との関係を築いて行けば良いのでしょうか。

人間の行動・思考傾向が理解できていれば、相手を理解しやすくなります。

私たちの行動は、「感情」や「思考」というものが起源となり表れてくるもので、しぐさやコミュニケーションの取り方を観察するだけで、他人の本心を理解することができます。

他人との関わり方が分からず、豊かな人間関係を構築することができない状況は、社会的動物である人間の心に「孤独感」という苦しみを生じさせます。この苦しみを解放するためにも、人間の行動・思考傾向を学ぶことは、とても大切なことなのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です